MENU

CLOSE

債務整理にチャレンジしてみたいけど住宅ローンが心配

債務整理にチャレンジしてみたいけど住宅ローンが心配

320views

カテゴリ:債務整理

債務整理すると住宅ローンはどうなるのか?

債務整理は、「借金が減額される」という単純なイメージだけを抱えている人も少なくないのではないでしょうか? もちろんそのイメージはけして間違ってはいないのですが、 デメリットも付いて回るのが債務整理です。 「ブラックリストに載ってしまう」とか「新たなクレジットカードが作れなくなる」「再度、借金したくてもできなくなる」というのは代表的なデメリットと言えるでしょう。

それと同時に、「債務整理は財産を差し押さえられてしまう」というデメリットのイメージを持っている人もいるでしょう。 「財産」と言えば、気になるのはやっぱり住宅ローンですよね。 今後、住む場所はどうなるのか?という不安もつきものだと思いますから、これから債務整理することを視野に入れている債務者は、その辺りの問題に関してはきちんと理解しておいたほうがいいでしょう。

だから今回は債務整理した時の住宅ローンに関して解説してみたいと思います。

それぞれの債務整理の住宅ローンへの影響について

それでは、任意整理、過払い金請求、自己破産、個人再生といったそれぞれの債務整理と住宅ローンの影響に関して説明していきたいと思います。

任意整理の住宅ローンへの影響

任意整理の場合は、弁護士との相談次第で住宅ローンへの影響は左右されます。住宅ローンを対象にすることも出来ますし、対象から外すことも可能です。基本的に高金利の借金を対象にして、 将来利息などをカットする方針になるので、 自宅はそのまま維持することができます。住宅ローンを対象にするのなら自宅不動産を担保にするので、金融機関は債務整理に応じることなく差し押さえの手続きを取る可能性が高いかもしれません。

過払い金請求の住宅ローンへの影響

過払い金請求は、住宅ローンへの影響は一切ありません。弁護士に過払い金の相談をするだけ。それ以上の影響は心配しなくても大丈夫です。 既に返済が終了している借金に対する過払い金返還請求の場合は、ブラックリストに登録されることもありません。

自己破産の住宅ローンへの影響

自己破産は、現金99万円と 生活の必需品を覗いてはすべての財産を処分しなければなりません。 もちろん所有している住宅もその対象になります。 問題は、「住宅が処分された後でも、滞納していた住宅ローン、或いは返済途中だった住宅ローンは払い続けなければならないのか?」という問題です。

免責許可が下りていれば、 住宅ローンが残っていたとしても返済する必要はありません。 自己破産の申請をすると、住宅ローンを組んでいた金融機関は裁判所で正式に手続きを行った上で、住宅を 競売にかけることになります。 競売に出して自宅で落札されると、その住宅に住んでいる債務者とその家族は当然出て行かなければなりません。ここまで生活を追い込まれてしまった債務者の場合は、新しいアパートやマンションを借りる費用を捻出するのは難しいと言えます。

また、引っ越しの費用を捻出するのも難しいでしょう。そのような費用の出費に困らないためにも、自己破産をする場合には、自己破産の申請をする前に任意売却したほうがおすすめです。

個人再生の住宅ローンの影響

個人再生の場合は、住宅ローンを維持したまま 借金減額を目指すことができます。 一定の金額の財産を差し押さえるケースはあるものの、自動車や住宅などは手放さなくても大丈夫です。 個人再生の場合は、住宅ローンを覗いた借金に対して減額を目指すことができます。 減額された借金は原則として3年間から5年の間で返済をしなければなりません。

そのため、キャッシングなどをはじめとした住宅ローン以外の借金が存在していないケースでは、 整理してもあまりメリットは ないと言えるでしょう。